チタンの印鑑

チタンの特徴とは?

チタンの印鑑

印鑑は、ステイタスシンボルとして、木材や水牛の角、象牙のような希少な素材で造られる事が多いアイテムです。
しかし、近年では、野性動物の保護や木材資源の確保の関心が高まり、地球環境に配慮した印鑑が開発されています。

なかでも金属ならではの重厚感と、腐食に強く丈夫である事から注目されている素材がチタンです。
チタンは1971年にイギリスで発見された新しい金属で、肌に触れてもアレルギーが少ない金属でもあります。

最近は、金属アレルギーの人も多いですが、チタンの印鑑なら抵抗なく持てる事でしょう。

チタンの印鑑は加工技術がすごい

通常のチタンなら、表面が滑らかで滑りやすいので、チタンの印鑑はブラスト加工が施されています。

ブラストとは、細かい粒子を吹きつける加工ですが、これにより滑りにくい印鑑に仕上がるのです。
また、加工により、汚れや指紋が付きにくくなるので、手入れの手間も省けます。

チタンは微小な粒子で出来ているので、陰影もくっきりとしていて、見栄えが良いのも特徴です。
これまで、印鑑の素材の王として君臨してきた象牙ですが、チタンはこれに代る素材になるかも知れません。

価格は、15000円から、安いものでは5000円程度で、実印として持つにはお手頃な価格になっています。