銀行印 サイズ

銀行印の一般的なサイズとは?

銀行印のサイズは、性別によって選ばれるサイズが異なります。
男性は、13.5mm〜15mmの大きさが一般的です。
女性は、12mm〜13.5mmと男性よりも一回り小さいサイズで作る方が多いです。

法律で決められているわけではなく、あくまで上記のサイズで作る人が多いというだけです。
大きさにこだわりがある方なら、どのサイズであっても原則問題はありません。

ただし、大きすぎると書類の捺印する箇所のサイズよりも大きくなることがあります。
そのため一般的なサイズを選ぶと無難といえます。


銀行印の一般的なサイズまとめ

男性が選ぶ銀行印のサイズ

13.5mm〜15mm

女性が選ぶ銀行印のサイズ

12mm〜13.5mm

実印と銀行印のサイズ差

インターネットの印鑑ショップでは「実印・銀行印」のセットがお買い得です。
もし実印とセットで銀行印を購入するなら実印よりも一回り小さいサイズを選ぶ人が多いですよ。

銀行印とは?
銀行印は、通常の認め印の中で銀行口座開設の時に通帳に記録する印鑑として登録される印鑑の事です。
認め印であれば、どれでも自分の名前であればいいのですが、銀行印は単純ではありません。

しばらく使っていない預金通帳を使う時に「印鑑が違います」と言われて混乱した経験はありませんか?

銀行印は、実印と同様に、しっかりと管理しなければいけない印鑑なのです。
さて、認め印として利用されている印鑑は、三文判とも呼ばれる10〜11mmが一般的なサイズとされています。

ですので、銀行印として造る認め印は、これよりも少し大き目に造る事をオススメします。
何故かと言いますと、もし、銀行印がどれか分からなくなった場合に大きさに差を付けておくと判別が付きやすいからです。

もちろん、余裕があれば銀行印の素材をそれ以外より高級な素材で造るという方法もあります。

安い値段で高品質な印鑑を

  • 店舗を持つ必要がないから安く購入できる
  • 安い印鑑から高級な印鑑まで幅広く扱っている
  • 安心して通販購入ができる第三者の仕組みがある
  • 10〜20年の保証をしているショップが多い

インターネットの印鑑ショップの多くは”印鑑”という大切なものを扱うため安心して購入できる仕組みを取り入れています。

例えば、トレードセーフ認定。
これは万が一のときには第三者機関が10万円まで保証するという制度です。

安くて安全に購入できる印鑑ショップをランキング形式で紹介しています。

印鑑人気ランキング