印鑑の悪用

悪用される印鑑の特徴とは?

合理的と言えるのかも知れませんが、よく銀行印を認め印や実印と兼用している方を見受けます。

確かに複数の印鑑を保管して、用途の度に持ちだすのは面倒ですし、1本にまとめれば簡単かも知れません。

しかし、これは例えば印鑑を紛失した時に被害を大きくする可能性があるのです。

もし銀行印と実印が別なら、実印を紛失しても通帳などの財産は守る事が出来ます。
ですが、銀行印と実印が同じであった場合には、どちらの財産も悪意のある人間に奪われる可能性が出て来るのです。

仮に紛失だけで悪用されなかったとしても、銀行印から印鑑登録まで全ての証明を変更しないといけなくなります。

このような万が一は、いつ起きるか分かりませんし、起きてしまえば甚大な被害に繋がります。

面倒だと思わずに、いつ起きるか分からない被害を想定して、せめて実印と銀行印は分離して持っておきましょう。

実印と銀行印を分けるメリット

実印と銀行印を分けると様々なメリットがあります。

まず、銀行印と実印では印鑑の大きさが異なります。
印鑑の大きさをハッキリ分かるように変えておけば、紛らわしい事もなくなりますよ。

次に、実印を守るという意味でも有効です。
例えば銀行で捺印した書類が流出し、実印が偽造されたらとんでもないことになります。

なぜなら法的な効果があるからです。
保証人の契約書に捺印なんてされたら大変なことになりますよ。

認印や100均の印鑑は論外

三文判や認印のような安価な印鑑を実印として設定していると簡単に偽造される原因にもなります。

これらの印鑑は実印として登録はできないと思いますが、銀行印としては登録できます。
特に誰でも購入できるような100円均一で購入できる印鑑を銀行印として使うこともNGです。

印鑑の書体は、篆書体のような複雑で偽造しにくい文字にすれば安心です。
最後に、通帳と銀行印を同じ場所に保管しないという事も被害を防ぐ為には重要です。

安い値段で高品質な印鑑を

  • 店舗を持つ必要がないから安く購入できる
  • 安い印鑑から高級な印鑑まで幅広く扱っている
  • 安心して通販購入ができる第三者の仕組みがある
  • 10〜20年の保証をしているショップが多い

インターネットの印鑑ショップの多くは”印鑑”という大切なものを扱うため安心して購入できる仕組みを取り入れています。

例えば、トレードセーフ認定。
これは万が一のときには第三者機関が10万円まで保証するという制度です。

安くて安全に購入できる印鑑ショップをランキング形式で紹介しています。

印鑑人気ランキング