外字・旧漢字のパソコンの設定

ネットで印鑑を購入するときの外字・旧漢字のパソコンの設定

パソコンの旧漢字設定

インターネットで印鑑を購入するときに問題になるのが、外字・旧漢字の表示です。

購入しようとし自分の苗字を変換しようにもなかなか出ないで困った経験はありませんか?

Windows7のパソコンでは、この困難だった外字・旧漢字を簡単に入力できるようになりました。

具体的な方法としては、IME辞書から入力する方法があります。

パソコンの外字・旧漢字設定

  1. まずは、言語バーの「ツール」−「プロパティ」を選択します。
  2. そして、「辞書/学習」タブの「Microsoft IME単漢字辞書」にチェックを入れ[ OK ]をクリックします。

たったこれだけの手順で、漢字の読みを入力すると変換候補に外字・旧漢字が表示されるようになります。
ただし、外字・旧漢字にはUnicodeという赤字の文字が表示される場合もあります。

これはパソコンによって登録されていない外字・旧漢字であるという注意を促すサインです。
このUnicodeが表示されると、電子メールを送信した時に、送信先のパソコンで文字化けの起こる可能性があります。

送信先に事前に連絡しておけば、トラブルを回避できると思いますので参考に覚えておきましょう。

電子印鑑にも使える外字・旧漢字のパソコン設定

現在は、パソコンで文書を造り電子メールで送信する事も多くなりました。
実際にプリントして出すわけではないので、リアルに印鑑を押印する事もないわけです。

しかし、公式文書として印影は必要なのでエクセル等で印影を作成して、挿入する必要があります。
そんなときにもパソコンの設定一つで外字・旧漢字の設定ができますよ。

安い値段で高品質な印鑑を

  • 店舗を持つ必要がないから安く購入できる
  • 安い印鑑から高級な印鑑まで幅広く扱っている
  • 安心して通販購入ができる第三者の仕組みがある
  • 10〜20年の保証をしているショップが多い

インターネットの印鑑ショップの多くは”印鑑”という大切なものを扱うため安心して購入できる仕組みを取り入れています。

例えば、トレードセーフ認定。
これは万が一のときには第三者機関が10万円まで保証するという制度です。

安くて安全に購入できる印鑑ショップをランキング形式で紹介しています。

印鑑人気ランキング