印鑑 薄い

印鑑を押しても色が薄い原因

印鑑の色が薄い

印鑑を押印したのに、印影がクッキリと出ない、あるいは印影がかすれてしまう、そういう経験がある方は多いと思います。

銀行などで混雑している時に「畏れ要りますが、もう一度押印お願いします」と言われると恥ずかしいですね。

では、どうして、印鑑の印影は薄くなってしまうのでしょうか?
原因は複数存在しますが、考えられる事には印面に朱肉が詰まっている可能性があります。

印影が薄くならないようにと、力を入れて朱肉に印鑑を押しつけると、必要以上に多くの朱肉が付きます。
この朱肉が押印後も拭き取られる事なく、放置されると印字の溝で固まってしまい溝を埋めてしまうのです。

溝が薄くなってしまうとどうしても、印影は薄くなってしまいますよね?

印鑑をくっきりと綺麗に押す方法

印鑑の薄さを防ぐには、押印の後にしっかりと朱肉を拭き取る習慣を付ける必要があります。
拭き取っても、印影が薄いままなら、これは印肉が印面にこびりついてしまっていると考えていいでしょう。

こんな時は、歯ブラシに小豆大の歯磨き粉を付けて印面をブラッシングする事で朱肉が取れます。
ブラッシングの後は、乾いたタオルで、印面を拭って下さい。

これで印影が薄いのは改善されます
また、堅い平面の場所で押印する時は、雑誌などを下に敷いて押印すると印影がキレイに出ます。

安い値段で高品質な印鑑を

  • 店舗を持つ必要がないから安く購入できる
  • 安い印鑑から高級な印鑑まで幅広く扱っている
  • 安心して通販購入ができる第三者の仕組みがある
  • 10〜20年の保証をしているショップが多い

インターネットの印鑑ショップの多くは”印鑑”という大切なものを扱うため安心して購入できる仕組みを取り入れています。

例えば、トレードセーフ認定。
これは万が一のときには第三者機関が10万円まで保証するという制度です。

安くて安全に購入できる印鑑ショップをランキング形式で紹介しています。

印鑑人気ランキング