インターネット 印鑑購入の注意点

インターネットで印鑑購入の注意点

ストップ

インターネットでの印鑑購入でトラブルが起きないようにするためには気をつける点があります。

 

ネット購入で間違いを起こさないためには、印鑑ショップが以下の3点を満たしているか?が重要です。

  • 日本人の運営する企業であるかどうか?
  • セキュリティがしっかりしている企業であるか?
  • プレビューや校正サービスで仕上がりが確認できるか?

 

印鑑購入のインターネットトラブル

インターネットで印鑑を購入した方で失敗が多いのが、

  • 名前の字が間違えていた
  • 名前が別の苗字だった
  • 想像よりも文字の線が太い
  • 自分の名前なのか判別できない

という4つです。

 

印鑑ショップが日本人の企業か?

印鑑ショップには外国人(中国や韓国)だけで運営をしている企業があります。

 

日本の法人ですが、社員が外国人ばかりで、

  • 名前の字が間違えていた
  • 別の名前の印鑑が届いた

というトラブルがあります。

 

特に中国は漢字で、日本の漢字と少し違っていたりします。
このが原因で名前の字が違うということがあります。

 

また日本では考えられない発送間違いもあるので、個人的には日本人が多い企業がおすすめです。

 

プレビューで仕上がり確認ができるか?

インターネットでの印鑑購入は安い、早いという2つのメリットがありますが、仕上がりの実物を確認できないというデメリットがあります。

 

そこで重要になるのが仕上がり確認ができるプレビューの機能です。
プレビューがあると「どんな印影になるか?」が確認できます。

 

更に安全にいくなら校正サービスがある印鑑ショップを利用しましょう。
メールで印影が送られてくるので、文字の確認や線の太さなど仕上がりを確認できます。

 

セキュリティがしっかりしているか?

印鑑に限らず通販をするとき(特にカード決済)にはサイトが、

  • SSL認証をされているか?
  • セキュリティを導入しているか?

を確認しましょう。

 

簡単にいってしまえばSSL認証は情報を暗号化しているか?ということです。

 

セキュリティに関しても例えばトレードセーフ(第三者機関のトラブル補償)やSSLにセキュリティ(ノートンやGMO)を導入しているか確認をしておきましょう。

 

当サイトの人気ランキングではインターネットで安心して購入できるか?を重視していますので参考にしてみてください。


安い値段で高品質な印鑑を

  • 店舗を持つ必要がないから安く購入できる
  • 安い印鑑から高級な印鑑まで幅広く扱っている
  • 安心して通販購入ができる第三者の仕組みがある
  • 10〜20年の保証をしているショップが多い

インターネットの印鑑ショップの多くは”印鑑”という大切なものを扱うため安心して購入できる仕組みを取り入れています。

例えば、トレードセーフ認定。
これは万が一のときには第三者機関が10万円まで保証するという制度です。

安くて安全に購入できる印鑑ショップをランキング形式で紹介しています。

印鑑人気ランキング